知る人ぞ知る、あえて雨に濡れて楽しむシャワーラン

2017/06/15

健康やダイエットのためにジョギングをする人が増えている昨今だが、シャワーランと呼ばれるジョギング法はあまり知られていない。
雨天はジョガーにとっては敬遠されがちな天気だが、あえて雨の中でジョギングを行うシャワーランは、汗を気にせずに済む点や、呼吸が楽になる点など、良い環境が揃っているのだ。
今日は、そんなシャワーランの魅力を伝えるとともに、楽しむためのポイントに迫っていこう。

程よい気温、程よい湿気で快適にジョグ

シャワーランの時期は、気温が上がり始める5月から10月下旬までがベスト。この期間に雨が降ることで20度前後となるため、ジョガーにとっては非常に走りやすい気温となる。

また雨による湿度の上昇にも注目したい。空気中に水分を多く含んでいる雨天時は、肺への負担を少なく呼吸ができるため、息切れを起こしにくくなる。これらのおかげで、熱中症や脱水症状を引き起こす可能性をグッと抑える効果もあるのだ。

準備と安全確保は万全に

一方で普段とは違う環境でのジョギングになるため、準備が欠かせなくなる。視界を確保するためのサンバイザーやサングラス、直接体が濡れるのを防ぐスポーツジャケットの着用は必須。あわせてシューズやスマートフォンなどは防水のものを用意したい。

また、地面が濡れて滑りやすくなっているので、舗装されているコースが望ましい。

オススメは公園などのジョギング用に舗装されたウレタン樹脂系のコース。滑りにくい加工をされている上、交通事故の心配もないので、安全に走ることができる。

けがや風邪へ対策はしっかり準備する必要があるが、雨天時にはジョギングにはうってつけの条件が揃っているのだ。
安全に取り組めればシャワーランにハマってしまうことは間違いない。

 

Writer  レニピ編集部

RANKING

KEYWORDS